腎臓とコーヒー

コーヒーは身体に良い?

コーヒーと健康については、様々な調査が行われています。

現段階で「コーヒーは絶対健康に良い!」という所までは言い切れませんが、ポジティブな結果が出ています。

量としては、コーヒー2-3杯/日あたりで良い結果が出ている報告が多いです。

コーヒーは腎臓にも良い?

じゃぁ、腎臓病の患者さんはどうかという点に関しては、現段階ではまだ分かっていないことも多いです。

しかし、2018年にAJKD、2019にNDTという一流雑誌での報告だと、コーヒーに対してポジティブな結果がでました。

今後さらなる結果を待つ段階ですが、近年の報告だと「コーヒーやカフェインが腎臓を悪くする」という趣旨の報告はあまりないようです。

現段階の結論

一つの食品が、本当に健康に良いか、腎臓に良いかという点に対して結論を出すのは、判断材料の質と量ともに十分量集める必要があります。

コーヒーの情報量はまだ十分量ではないです。

こういう場合は、ある程度予想を付けながら結論をつけていきます。

現段階では以下の結論です。

  1. 腎臓病の人はコーヒーは飲んで良い(我慢する必要はない)
  2. 腎臓病の人に良い影響があるかはわからない
  3. インスタントであればカリウムに注意する

また、コーヒーはあくまでブラックであることを前提にしています。

砂糖の入れすぎなどに関しては、注意をしてください。